忍者ブログ
もっと休むに似ている
某日記別館(裏日記)。トンデモや時事に特化。
 10 |  11 |  12 |  13 |  14 |  15 |  16 |  17 |  18 |  20 |  21 |
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

うちの日記なんぞ見に来るヒマな人は既に承知とは思いますが、
知らない人がおられた場合に備えて、物理学者の菊池誠さんによる解説。
 →ニセ科学関連文書

で、私の個人的スタンス。

モーツァルトは悪くない。
というか、私も音楽活動に多少なりとも関わっておりましてモーツァルト大好き。
「Requiem」なんぞ全曲暗譜しておりますし、店でもBGMとして流してます。
別に人様の心を洗おうなんぞという高尚なものではございません。
単に、私が好きだから掛けているだけのことで。

また、(モーツァルトはじめ)BGMが人に良い影響を与えることも、
科学的分析・実験を経た結果さえ出れば認めるに吝(やぶさ)かではありません。
こういうのも別に否定しません。→音楽とリラクセーション

音楽が緊張を解し、ストレスを軽減する効果は、実際あると思っています。
しかしそれは、別にモーツァルトだけに限ったことではないとも。
他のクラシックはどうなのか。バッハはショパンはベートーヴェンは
他のジャンルの音楽はどうなのか。演歌は民謡は童謡・唱歌は黒人霊歌は。
フォークはロックはニューミュージックはへヴィメタはプログレはジャズは。

……ぶっちゃけ、モーツァルトをやたらと持ち上げる方々ってのは、

 「クラシックは高尚で、世俗的な音楽は低俗だ」

という、偏見を持っているようにしか見えません。別にいいじゃん好き嫌いで。
私もクラシック好きですが、科学的に効果があるから好きなんじゃありません。
逆に、科学的なお墨付きがなければ、好きになれないわけでもないと思いますが。
ついでにモーツァルトの楽曲も、当時は世俗的な音楽の一つに過ぎませんし。


結論。

モーツァルト本人は勿論、楽曲そのものに罪はないし、
BGMが人に好影響を与える可能性も否定しない。

しかし、音楽熟成協会の主張するモーツァルト効果は、
明らかにニセ科学であり、こちらは否定されるべきだ。


……と、それだけのことです。

信じる人は信じる人で、思想信仰は自由ですので別に構わんのですが、
こういうニセ科学理論が公共の立場で力を得たり、一般常識化したり、
学校教育の現場で教えられたりすることに関しては、大いに危機感を抱くところ。
少なくとも、図らずもその手助けをしている形になっている鳥取大学医学部には、
早急に善処して頂きたく思っております。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Copyright ©  もっと休むに似ている  All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]
Admin ♥ Write ♥ Res
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
[12/14 Michaelbats]
[10/18 AdrianMync]
[10/16 uchi]
[08/29 不明]
[08/23 匿名部長]
[09/16 O]
[07/09 杉山真大]
[06/18 不明]
[09/08 ヘビメタ大好き]
[08/06 反カルト]
忍者アナライズ
カウンター
アクセス解析
フリーエリア