忍者ブログ
もっと休むに似ている
某日記別館(裏日記)。トンデモや時事に特化。
 135 |  132 |  131 |  130 |  129 |  127 |  126 |  125 |  124 |  123 |  122 |
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今回は、転ばぬ先の杖。あるいは、誰かが躓きそうな障害物のマーキング。

先日、いじめによる自殺のニュースが世間を騒がせました(URL略)。
学校や教育委員。警察などの対応に批判が集中しておりますが、
そんな中、いじめに悩む親御さんに味方してくれそうな組織があります。

いじめから子供を守ろう!ネットワーク

強い口調でいじめを批判し、正義の教育を実現すると明言してます。


数年前のこと。
地元市役所の学校教育課の掲示板に、この組織のポスターが貼ってありました。
そこで、市の役人の方に、この組織のことを懇切丁寧に説明したところ、
どういうわけか、このポスターが撤去されてしまうという事態になりました。
そのポスターというのが、こちらです。
016.jpg
















 
 








絵を見れば一目瞭然ですね。
著名な漫画家・さとうふみや先生の手によるものです。豪華ですね。
最近、この組織のポスターが新しくなったみたいで。新ポスターがこれ。
0f397d99.jpg




























「知らなかったとは言わせない!」
どこかの映画のキャッチフレーズで全く同じ台詞がありましたが、
多分、気のせいでありましょう。
【7/9追記】 osatoさんのコメントから、とある党の宣伝動画で確認。
キャラもポージングも、衣装までも完全一致!(1:55) さとう先生、手ぇ抜き過ぎですww



気を取り直して。この組織の代表は、井澤一明氏。
昨今、いじめ対策の組織の代表としてメディアに引っ張りだこみたいです。
最近では、AERA。そして先日の事件を受けての、NHKニュースにまで。
他にもこういうメディアで、盛んに持論を述べておられます。

ちなみに、井澤氏はこの組織の二代目代表でありまして。
初代は、矢内筆勝(やない・ひっしょう)氏が勤められてました。
2009年5月から、ある党の特別顧問に就任。現在は出版局長とのこと。

どうも調べれば調べるほど、ある特定の宗教団体の影がチラつきます。
いや。前の代表がそうだからといって、今がそうとは限りません。
しかも、リンク先にあの宗教団体はなし。参考文献もあの版元の本はほとんどなし。
影はチラつけど本体はなかなか見えず。

とりあえず、この組織の支援団体を覗いてみましょう。
いじめを許さない教師の会】というのがトップに出てきます。
会長は、山形県の後藤克彦氏だそうです。なるほど!
【クローバーの会】代表は小田和代さん。なるほど!

この団体主催で、全国でシンポジウムやセミナーが行われてるみたいです。
そして、各地の代表がイベントのコーディネーターを務めるという形式。
なので、その「各地の代表」を分かる限りブログから拾ってみました。
 ネットワーク広島代表 → 候補者
 ネットワーク千葉代表 → 候補者
 ネットワーク東京代表 → 候補者
 ネットワーク大津南代表 → Facebook
 ネットワーク九州代表、福岡代表 → 立候補はしてないらしい
 ネットワーク京滋代表ネットワーク中部代表 → ?
 ネットワーク鳥取副代表 → 候補者
 【追記7/9】 ネットワーク四国本部顧問 → 候補者

あと分かりやすいのは、この団体の相談窓口(相談所一覧)ですね。
 NPO埼玉 → 偏向マスコミ報道から日本を守ろう!ネットワーク代表
 NPO千葉 → 略(候補者)
 NPO日野 → 日野七生後援会会計責任者
 NPO山梨 → 候補者
 NPO富山 → 候補者
 NPO中部 → 候補者
 NPO西三河 → 刈谷後援会会計責任者(pdf)
 NPO尼崎 → 尼崎後援会代表(pdf)
 NPO姫路 → 候補者
 NPO横浜、湘南、秦野、関西、岡山、山口 → 不明

こういう感じで、この組織の中の人物名をググっただけで、
ある特定の宗教団体との繫がりが面白いほど引っ掛かります。
リンク先や参考文献での徹底した影の消しように比べ、この分かり易さ。
陰謀論者の気持ちが、ちょっぴり理解できました(笑)。
リンクにも参考文献にも姿は見せないけど、メンバーはほぼ信者。この姑息さは見事です。
かつて正体を全く名乗らないまま、広告塔芸能人を代表・副代表に仕立てて、
講談社フライデー全国被害者の会を立ち上げただけのことはあります。

ただ、どんな背景を持った団体であろうが、活動は別という考え方もあります。
その活動が実質、いじめ減少に役立つなら、まだ擁護もできるのです。
しかし、この団体の主張や具体的ないじめ対策といえば、
 ・単なるジェンダーフリーバッシングだったり
 ・ほとんどゲーム脳の恐怖だったり
 ・未成年に対する露骨な情報規制と摘発推奨だったり
 ・宗教教育がいじめを減らすとのことで、その必要性を説いたり
 ・理想とする先生が義家弘介や向山洋一(TOSS)だったり
まるで、ある特定の宗教団体が唱えていることそのものだったりします。
更に、講演などで呼んでる方々などを並べてみれば
 渡部昇一八木秀次高橋史朗。あと、森口朗はしょっちゅう出てます。

これら豪華ゲスト出演の際、講演でコーディネーターを務めるのは、
法政大学講師の田中順子氏だったりしますね。

断言してもいいですが、こんな面子に思うがままにやらせてみても、
いじめ撲滅はおろか、減少すら全く期待できません。
むしろ、いじめを利用して極端な保守勢力と結びつき、
カルト的イデオロギーを拡散させてると考えるべきでしょう。


真面目な話、この組織の活動は全国に浸透しつつありまして。
後援等をいただいた団体】【全国のポスター掲示状況

更に、その活動が所謂メジャー紙でも無批判に採り上げられている状況。
そして、今回の事件を利用して、もっと社会に浸透しようと考えているでしょう。
現に、NHKでの放映を大々的にアピールしているところなう

・・・・なんか、本気で怖いことになりつつあるような。
手遅れになる前に、どげんかしましょう。まずは、あのポスターを外すところから。
(事実を理解すれば、公的機関が宗教団体の宣伝するのには躊躇するはず)
キャッチフレーズは、さとうふみや先生のあのポスターに習って、こんな感じで。
「カルトは犯罪! 絶対にゆるさない!」
「カルトは犯罪! 知らなかったとは言わせない!」




【おまけ】 
この団体には、キャンペーンソングというものがありまして。
曲名は、『未来、』(あした) 歌ってるのは、ayanoさんという女性。




このayanoさん。以前、「Golden Breeze」というユニットで、アニソン歌ってたそうです。
そのアニソンというのが、この曲です。『愛と、勇気を』。


また少し前には、ある党のサポート組織「脱藩ガールズ」というユニット組んで、
「いじめから子供を守ろう!キャンペーン」初代代表と仲良く演説(ayano演説は4分過ぎ)。

 

拍手[2回]

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
どっかで見たような
ご無沙汰してました。
ご紹介のポスター見ましてどっかで見た事あるなぁと思ってましたら、持ってました(^^;)。↓
http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/7e/f4/99f334c9d98821bef85d08c66a5d65b9.jpg?random=c2c7c2c6ee36fcd77d5583fd641a2bb8
この娘ですよね。↓
http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/66/e8/4c936ff3eafece03594fe182d40ea948.jpg?random=b9639065480e5ac9b986d50ca498a51d
個人的には「金田一くん」は大好きだったんですけどね、う~む…。
OSATO 2012/07/09(Mon)00:07:21 編集
こちらこそご無沙汰です
ほとんど同一人物ですね。あるいは、キャラの描き分けができてないか(笑)

さとう先生、漫画のみならず幸福実現党から九州比例で立候補されてました(後に東京比例に移行)。
「麻生元総理と漫画対決!」みたいなこと宣伝してる動画がありましたが、現在削除済。
今あるのは、これくらい→http://www.youtube.com/watch?v=aNkgTQOLbuk
【追記】 動画と比較したら、本当に同一人物でした(笑)。

上手いと思ったのは、「当選したら顔出し」というのを公約に掲げていたことですね。
当選するまでは顔出さなくて済みますし、連載も通常通り続けられる、と(笑)
gallery   2012/07/09 14:18
無題
すばらしいです
カルト関係ない 2012/07/12(Thu)19:02:28 編集
無題
>断言してもいいですが、こんな面子に思うがままにやらせてみても、
>いじめ撲滅はおろか、減少すら全く期待できません。

 それはどうしてですか?
 某宗教団体との関わりは良く分かりました。
 だからと言って、
「いじめが犯罪だ」という訴えは強烈です。いじめ撲滅に一役買うのではないでしょうか。
 いじめを「心の教育」で何とか減らそうとするよりも、
 カツアゲは恐喝だし、
 暴行は、傷害罪だ、
とはっきりと「犯罪である」と教えた方が抑止効果があるのではないでしょうか。
 
反カルト 2012/07/27(Fri)16:17:57 編集
無題
うーむ、ほぼナチスの手法や主張ですね。
ナチも登場当初はそういう気持ちにつけこんで、「我が国古来の淳風美徳」を掲げ、不良どもと実力対決して喝采をあびつつ、軍隊的な規律の称揚、外国人バッシングや自由主義、前衛芸術運動などをも退廃的だと排撃対象にしていったのです。

まさにそれを支持したのが、上の投稿のような方たちで、その気持ちもわからんでもないです。が、たとえばナチスドイツや北朝鮮の学校では「いじめ問題」はおこらないかもしれませんが、そんな社会でいいのでしょうか。よく考えてみてください。
チェシャキャット 2012/08/05(Sun)11:13:29 編集
無題
〉そんな社会でいいのでしょうか。よく考え
〉てみてください。

 私のコメントに対するコメントと受け止めました。
 良く考えましたが、「そんな社会」と言う言葉の意味する範囲が良く分かりませんでした。
 なので、もっと具体的に「そんな社会」について説明していただきたいです。
反カルト 2012/08/06(Mon)22:26:57 編集
何時の間にか認知されてるそうで
このエントリから既に一年経っているんだけど、件の団体の代表氏は日本医師会主催の「学校保健講習会」で講師として呼ばれたり、
http://mamoro.blog86.fc2.com/blog-date-201307.html#entry1570
小学館の教育雑誌にも登場したり、
http://mamoro.blog86.fc2.com/blog-date-201306.html#entry1568
NHKに「いじめ問題の専門家」として登場したとか。
http://the-liberty.com/article.php?item_id=4550

件の団体も一般財団法人となって公的に箔がついた(?)のか、TOSSみたいに変な影響力持たれると下手すればいじめ問題が変な方向へと向かうよな・・・・・・ orz
杉山真大 URL 2013/07/09(Tue)21:13:04 編集
Copyright ©  もっと休むに似ている  All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]
Admin ♥ Write ♥ Res
カレンダー
01 2017/02 03
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
最新コメント
[12/14 Michaelbats]
[10/18 AdrianMync]
[10/16 uchi]
[08/29 不明]
[08/23 匿名部長]
[09/16 O]
[07/09 杉山真大]
[06/18 不明]
[09/08 ヘビメタ大好き]
[08/06 反カルト]
忍者アナライズ
カウンター
アクセス解析
フリーエリア