忍者ブログ
もっと休むに似ている
某日記別館(裏日記)。トンデモや時事に特化。
 25 |  26 |  1 |  3 |  4 |  5 |  6 |  7 |  8 |  9 |  10 |
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

理想論者=護憲派現実論者=改憲派みたく言われてて、それぞれ主張する本人も、その自覚があるみたいです。

 ・日本国憲法は国家の「理想」なので支持するのです。
 ・日本国憲法は「現実」にそぐわないから変えるのです。

悪いけど私にゃ日本国憲法が「理想的」だとは思えませんし、改憲論者の主張が「現実的」だとも到底思えません(但し、護憲論者の多くが理想主義者ってのは正しいと思う)。

人権条項やら政教分離やら三権分立やら両院制やら、ああいう条文は、伊達や酔狂であるんじゃないんですよ。
それらに抵触することを国がやらかせば、即座に国民の自由や平等や主権が現実的脅威にさらされ、国家による国民の不当な支配に直結するという超現実的な問題なんですがね。

そういう憲法の現実的意義とか把握を抜きにして、護憲やら改憲やらを語るのって、そりゃ無茶ですがな。
流体力学を知らない人が飛行機に乗っても大丈夫だけど、流体力学を知らない奴が飛行機を設計すれば……怖いぞ。少なくとも、私は乗るの御免こうむりたいですな。

法学ってのも、数百年かけて練り上げられてきた学問な訳で、それ無視して憲法変えた日には、国家そのものが墜落するぞと。
まして、こういうのとか見れば、
     ↓
新憲法大綱案-新憲法制定促進委員会準備会
    (草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN)

こいつら現実的脅威が微塵も見えておらぬのですな。
こんな憲法が制定されれば、現実が多少なりとも改善するなどと、本気で、真剣に、リアルに考えてるとすれば、こういう人たちって凄まじい理想主義者だな …と思うんですよね。

人権の制限とか政教分離の緩和とか軍事裁判所設置とか憲法的にNGな項目てんこ盛り。
てゆーか、そうでない項目を探す方が難しい。
てゆーか、現憲法学的には新憲法設立行為自体がNGなわけで、根本的に憲法概念も人権概念も理解してない者の為せる業。
もちろん、専門書の一冊すら読んで把握すらしてないの明白。
マトモな憲法学者も参加してないことも(八木秀次・百地章除く)。

しかし、こういうの作ってる奴が衆議院議員なんですよ。
こういうの賛同する奴が議員の中に結構いるわけですよ。
下手なホラーやサスペンスより、よっぽど恐ろしいと思いますが。

拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Copyright ©  もっと休むに似ている  All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]
Admin ♥ Write ♥ Res
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
[12/14 Michaelbats]
[10/18 AdrianMync]
[10/16 uchi]
[08/29 不明]
[08/23 匿名部長]
[09/16 O]
[07/09 杉山真大]
[06/18 不明]
[09/08 ヘビメタ大好き]
[08/06 反カルト]
忍者アナライズ
カウンター
アクセス解析
フリーエリア